CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
おうちでキノコ栽培



1月15日は小正月と呼ばれています。
元旦には門松を飾るけど、小正月には餅花を飾るのだそう。
夫はお蚕が有名な群馬出身なので、餅花ではなく、繭玉飾りって言うらしい。地方によって行事内容も違うみたい。

色をつけたお餅を小さく丸めて、柳などの木の枝につけ、五穀豊穣を祈願する意味があるそうです。
今年は我が家もやってみたよ。


雲竜柳につけたので、あまり枝垂れてくれなかったけれど、運気上昇って事で許してもらいましょ。

さて、明日はNHK趣味の園芸やさいの時間!「満里奈の毎日プランター」です。




今回はキノコ!
寒い冬は外に出ないで、じっくり室内でできる園芸を楽しみましょうよ。
栽培キットをただ育てるだけじゃ、面白くない!
もっと取れるように…
もっと可愛く、面白く…
もっと栽培しやすく…

そんな事を考えて、今回の方法を考えました。そもそもキノコって、どんなところに生えてる?そんな疑問から、キノコがのびのびと育つ環境を作ってみたよ。

土が盛り上がって…


キノコの頭が出てきて…


徐々に大きくなるまで…


毎日見守り…


なんだかとってもかわいい?



最初はシメジみたい


でもやがて頭が平くなり

いわゆるヒラタケになりました。


発生するまで3週間ほどかかりますが、地上に出てくると成長は早い

出てくるまで不安だけれど、ドキドキしながら見守るのもおもしいでしょ
園芸店やホームセンターで販売されている菌床栽培のキノコを使って、プランターに土植えします。

詳しくは明日のやさいの時間の放送と、NHK出版のテキストを読んでね。 ぜひ、育てて欲しいな。

この方法なら、湿度コントロールが上手にできます。カビも生えにくいし、収穫量も満足できると思います。

また、2回目の発生もあるので、土を休ませてトライしてね。
2回収穫したら菌床は捨てずに、崩して畑へすき込んで。有機肥料となります。最後まで利用しましょう。
| 植物の育て方 | 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
講演お知らせ



今週は東京ビッグサイトで講演あり。
[野菜・果物ワールド]<br />
野菜と果物に特化した加工・調理技術の国際見本市です。
11月20日〜22日。
私は11月21日水曜日13:00〜13:45
聴講は無料ですが、事前登録制です。
お野菜やくだものに興味がある方は、
ぜひ展示会にいらしてね。
遊びにおいで〜
アグロ・イノベーション2018、
アグロビジネス創出フェア、
鳥獣対策・ジビエ利活用展と同時開催。


野菜果物ワールドはこちら
| Vegetables | 15:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
机の上の小さな畑


引っ越しをしたら…
ベランダやテラスはウッドデッキになり、
鉢を直置きし難くなりました。

鉢の数を大幅に減らして、
テーブルの上に置くことに…

小さな鉢をぎゅうぎゅうに置いて
高低差を付ければ
立体的で面白い

直径70センチのテーブルは
我が家の小さな畑になったね。

でも、机に乗れない植物もある
なんとかしなくちゃ!
| 植物の育て方 | 01:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
やさいの時間!再放送で…


日曜日は趣味の園芸
やさいの時間!

あー見逃した!
という方でも大丈夫です。

再放送があるからねー。

再放送は月曜日 NHK総合 10:15〜
あさイチの後ですね。


趣味の園芸 やさいの時間
満里奈の毎日プランター


木曜日にもあります。
こちらは11月1日 お昼12時から



放送内の満里奈さんのブログはこちら

テラスには本当にドングリがたくさん落ちています。
ちょっとカーリーなヘアスタイル。

私と満里奈さんらしいです。
どっちがどっち?
| 植物の育て方 | 18:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
赤オクラ次々と


赤いオクラはタキイ種苗の
ベニーさんです。

雨の中の姿も かわいいわぁ??




最初は緑なのよ。



成長と共に色がついていくの


土の深さは20センチ以下!
直径30センチほどの紙のプランターに
10本も育てています。


コンパクトに育ちますが、
できるオクラのサイズは
畑と変わりませんよ。
それでいて毎日よく取れます。


野菜はこうしないと育たない…
という概念は捨てて、
自由な発想で栽培を楽しんで欲しい。

でも大切なのは、
オクラの育ち方を理解しておく事。
タネのまきどきや、最適な気温や地温、
日当たりや肥料の有無などなど…
生育の性質は変わらないからです。

さて、今日も収穫だ!
| 植物の育て方 | 16:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
雨の翌日は気をつけて


暑いね〜
今日は暑い!
久しぶりの良い天気ですが、急激に気温が上がっています。
外に出れば、一瞬で汗まみれに?
それは体温調節機能が働いているからだよね。血液が沸騰しないように、汗で体温を下げたいのだ。
こまめに水分補給をしようね。


植物はというと、同じなんだよ。
気温が高くなれば、土壌中の水分を吸い上げ、葉面からどんどん蒸散します。
まるで汗かいているみたいだね。
茹で上がってはいけないもの。
だから朝早い時点で、水分がある事が大事。

えっ?昨日まで雨が降っていたから、水をやらなくても大丈夫じゃないかって?

おお、それは危険だ。

だって、今朝は早くから暑かったよね。
もしも鉢の中に水分があったとして、
そりゃあ、お風呂だよ。
朝風呂に入っているようなもの。
野菜がお湯の中にいるという事は、
鍋で茹でているようなもの。
根が傷む事は間違いない。

まずは停滞している水分を追い出し、
新しい水で地温を下げてあげて欲しい。
| 植物の育て方 | 11:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
発売!野菜の育ち方を考える本

やっと紹介できます!
私の新しい本です。


先月、ハーブと野菜の本が出たばかりですが、引き続き…


残念ながら本屋さんには置いていません。購入は生協で注文するか、インターネットからのみだそうです。

インターネットではPHP研究所のHPから購入できますよ。

プランターひとつで1年中おいしい!
「季節の野菜づくり」
著者 深町貴子


栽培レシピと言うよりは、
植物とお友達になる為の本…かな。
文章多いです。
園芸で元気が出る本を書きたかったの。

中身も白黒です。
でもね、自分で色ぬりしてほしいの。


挿し絵はイラストレーターさんですが、自分でもあとから落書きしてほしいの。
みてみて!


ピーマン描いちゃった!
オリジナルな一冊に仕上げてね〜

初心者から上級者まで楽しめる本です。
初めての人には、植物との対話を楽しめるように書きました。
上級者には栽培カレンダーが役立つと思います。追肥、作業などのタイミング、栽培のポイントだけに絞って書いています。

小さな本なので、持ち歩きも楽よ。
文章が多いのは、何度も読み返してほしいから。
栽培しているときは、育ち方を検証してみてね。読み方も見えてくるものも、きっと変わってくるはずです。
| 植物の育て方 | 17:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
やさいの時間はリゾート気分?


明日はNHK Eテレ
趣味の園芸 やさいの時間 です。
朝8時からですよ。


今度はテラスをリゾート気分に…
という話の展開に?

はてさて?
どこからリゾート話に発展したのでしょう。それは番組を視聴してのお楽しみ。


撮影時にセットでくつろいでおります。
野菜たちに囲まれていると
なんだか元気になります。


あら、二人はすっかりリゾート気分になってますね。
| 気まぐれ日記 | 14:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
明日はミニトマトと生姜!


明日のEテレ
朝8時は趣味の園芸やさいの時間

満里奈の毎日プランター」です。
毎回どんな話が飛び出るのかは、
その場にならないとわからない…
と言うのも面白いところです。

さて、育てる野菜はと言うと、
ミニトマトと葉ネギ、生姜です。
なんとも不思議な組み合わせ?
なぜこの3つになったかは、
番組をみて確かめてね。



毎回、撮影現場は楽しいです。
満里奈さんもとても素敵な方です。
なんとも可愛らしい魅力が、
あのテラスの上でも輝いています。

野菜たちが
なんだかキラキラしているもの。


| 植物の育て方 | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
咲いたよ


あー私も花を咲かせたわよ〜

と、ブルーべリーの妖精さんが、
そろそろ呟くのではないでしょうか。
サニーレタス深町101号室にも、
春がきましたね〜

2年目のテラスも、変わらず妖精が見守ってくれています。
次々と野菜は変わり、食べてしまうけど、いつも変わらずいる存在は、芽吹き、花が咲き、果実をつけ、紅葉して落葉する…という季節を教えてくれます。


ブルーベリーがいてくれるからこそ、季節の変わり目がよくわかるのです。
いいでしょー!

もちろん、我が家にもあるよ。
ブルーベリーの鉢植え。

あんなに優しい声で喋ってはくれないけれど、ちゃんと季節を告げています。
ブルーベリーは花が咲いたら、水切れさせないように気をつけてね。
開花後に萎れさせると、花が落ちてしまうから。
また、この時期に花を鳥が食べちゃうのよね。絶対に収穫したければ、鳥対策が必要ですね。



あ、そうそう!
いちごも花盛り。
こちらも鳥対策しなくちゃね〜。

冬には残念なイチゴしか収穫できなかったけど、厳寒期を簡易な温室で乗り越えてしまい、体力が有り余っている様子。
グッスリ休眠もでき、葉の傷みもなく、
すごい花の数です。

今度こそたわわなイチゴを期待しましょう。
| 気まぐれ日記 | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/77PAGES | >>