CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
A&D 防水ペン型温度計 AD-5625
A&D 防水ペン型温度計 AD-5625 (JUGEMレビュー »)

中心温度測定器。お料理とか実験で使えます。園芸で言えば、植物の地温計や育苗時の温度測定に使えます。最高、最低温度が記憶できて、とても便利
RECOMMEND
渋谷ハチ公花壇 秋バージョン
渋谷秋花壇.jpg

私、いろいろあるお仕事のひとつにガーデンデザイナーがあります。
ガーデンデザインもしますが、植栽計画が得意です。

渋谷のハチ公横に花壇があるのはご存知?
スクランブル交差点に面し、喫煙所の隣にあります。
ここの花壇の計画を春から1年間だけ受け持つ事ができました。
春、夏花壇が終わり、先日秋バージョンに植え替えしました。

花壇スペースは三角形なので、植栽デザインはちょっと変形につくります。
見る角度によって、景色が変わるように設計しています。

大きな銅葉のコルジリネとタカノハススキがポイントになっています。
中心にはまだ緑色ですが、ムラサキシキブを植え込んでいます。
周囲に赤い宿根ロベリア、青いメドーセージ、
赤紫とピンクの千日紅の花が華やかに目立ちますが、
アルテルナンテラや黒っぽいイレシネの葉で、
花色を抑えてシックな落ち着きのある花壇に変えています。

秋風に葉がそよぐように、グラス類も入れました。
カレックスとフェスツカです。
保水性を上げるために、バークチップでマルチングもしました。

ぜひ、ぐるりと花壇の周囲を歩いてみて、
自分のお気に入りの景色を見つけてください。
| フラワーガーデン | 15:54 | comments(2) | trackbacks(0) |
渋谷ハチ公花壇
渋谷日陰花壇.jpg

渋谷駅ハチ公花壇の植込みから2週間がたちました。
メンテナンスで花がらを摘んだり、剪定したりしてきました。

写真手前はやっぱり日陰になっていました。
花壇横にある大きなケヤキの葉が茂ってきたためです。
予想通りに日陰ができると、なんだか嬉しい。
シェードガーデンの美しさが際立ちます。

渋谷花壇2.jpg

中央のフェアリーピンクがもうすぐお終い。
白とピンクのオステオスペルマムの花がやや落ちついてきましたが、
終わった花を摘んだので、また咲いてくるものと思われます。
今はデンタータラベンダーが一斉に花茎を伸ばしています。
風が吹くと良い香りがするでしょう。
ニューサイランの脇からこぼれるように咲いているパープルの花は
プロスタンテラ・シルバーブッシュ。ミントブッシュと呼ばれる事もあります。

所々でヒューケラの花も咲いてきました。
これから、ペンステモンやラムズイヤーの花が咲くのが楽しみです。

セリンセマヨール.jpg

今の見どころはセリンセ・マヨールの花。
葉が青く光り、控えめな紫色の小さなベル形の花が
次々と咲いて出てきます。
頭が重たくて、みんな首をもたげる様にしていますが、
意外と茎はしっかりしてます。
珍しい花なので、ぜひのぞいて見てね。


| フラワーガーデン | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
渋谷ハチ公前花壇設計・施工


渋谷ハチ公横にある花壇を耕しています。
この場所は、渋谷道玄坂商店街振興組合様からお仕事をいただきました。

写真に映っているのは、最新の園芸ツールです。
スタッフが楽しそうに使っています。
これがなかなかの優れものです。

コロコロと転がすだけで、ギザギザの刃が回転し、土を耕していきます。

耕土20〜30cmぐらいまでは楽に掘れますが、力を入れればもう少し深くまで掘れると思います。
耕しながら土壌改良材と元肥をいれてコロコロ...
動きがとても楽しいんですよ。

この製品はドイツ製。
ウォルフガルテンのガーデンツールです。
ポールと先の部分がアタッチメント式で取り替えることができます。
取り替える部分は数十種類もあるんですよ。
クワにしたり、草取りにしたり、レーキなど...幅もいろいろあるんです。

渋谷植え込み2.jpg

この花壇の半分は、近くにある大きなケヤキが芽吹くと
半日陰になってしまいます。
だから、植栽構成の半分はシェードガーデン対応です。

渋谷植え込み.jpg

この花壇デザインは私が行っています。
植栽計画や花壇設計だけは、私が行うことが多いんですよ。
できるだけメンテナンスフリーで、勝手に植物が大きくなるのを待ちます。

形も植栽も不定形のように見えますが、ちゃんと計算しています。
眺める位置によって景色が変わる楽しさや、1週間ごとに花が咲いたり散ったりします。
小さな苗も仕込んであるので、6月下旬までに次々と咲いてくれるはず...

今の見ごろは中心部にあるシルバーリーフで背が高い
ビティロディア・フェアリーピンク
(クマツズラ科ピティロディア属の常緑低木)

それと、手前の白とピンクの花が
ディモルホセカ・オステオスペルマムです。

よくよく見ると、珍しい植物もいっぱいあるので、
ぜひ、時々覗き込んでください。
ココに来る度に、違う花壇に見えるはずですよ。

| フラワーガーデン | 11:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |