CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
A&D 防水ペン型温度計 AD-5625
A&D 防水ペン型温度計 AD-5625 (JUGEMレビュー »)

中心温度測定器。お料理とか実験で使えます。園芸で言えば、植物の地温計や育苗時の温度測定に使えます。最高、最低温度が記憶できて、とても便利
RECOMMEND
ケチだからじゃないもん

身近にあるものを使うのは、
別にケチだからではない!

この時期、毎日のように種まきや植え付けをしていて、同じポットや鉢だとわからなくなるよね。
そんな時にはネームプレートが必要。
ならば、少しの間だけ使えるようなもので、捨てられたら楽だな…と、思いませんか?


私は様々な品種を育てるので、ネームプレートは必需品。でも、市販されているものを毎回消しては書いて…が面倒になり、数年前から牛乳パックを切って使っています。たくさんできるし、使い捨てできます。


サイズをピシッと揃えて切れば、
多分気づかれないと思うんだよね。
とっても便利なんだよ。
| 植物の育て方 | 17:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
植え付け前に…
そろそろジャガイモ植え付けないとね
おや?
これはちょっと大きいな…
1個が100gを超える場合は
半分にしましょ。
1片が40〜50gにすればよいのだ。

種イモのおへそを見つけて、
そこから縦に切ってね
植え付けは切り口が乾いてから!
4〜5日前に切っておこう。

こんな風に切り口を乾かす

まだ寒さが残るこの季節は、
芽が出るまで時間がかかることも。
そんな時は、日光浴させて、
芽を出させてから植えるといいよ。

芽を上にして日光浴。
セルトレイを利用すると、
しっかり立たせる事ができる。


なんか、お菓子の詰め合わせみたい。
植え付け前にやる事いっぱい?
別に面倒なら、しなくても大丈夫。
種イモを切れば割安になると言うことと、日光浴させれば、萌芽までが早いと言うだけだからね。

| 植物の育て方 | 17:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
連れて歩く?


この時期になると登場するもの…
虫かごではありませんし、
昆虫飼育ケースでもありません。

我が家にとっては、
大切な移動式グリーンハウスです。
つまり、移動型の温室。

暮れから実家に帰ったり、
あっちこっちと移動するたびに
連れて歩いているのは、
苗です。

ちなみに中身は

トマトとナスです。

おかしな人だと思ったでしょ?

でも生き物なんです。

お日様が必要なのです。
けれど
彼らにとっては
今はまだ寒いんです。
だから夜になると家の中へ


留守にする時には連れて行きます。
そうして
ようやく本葉が見えてきました。

苗として一人前になるには、
まだまだ試練がいっぱいあります。

頑張ろうね…
と、小さな芽と見つめ合っていても、
家族は何もいいません。

ママが植物とお話ししていても、
我が家にとっては当たり前過ぎて、
だれもつっこまないのです。
でも側から見たら…
やっぱりおかしいのかな?笑
| 植物の育て方 | 01:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
何でも使えるよ!


な、な、なんと可愛らしい!

畑でこんなミニニンジンがとれたら、
失敗した!…と言われるのだろうか?
根径1.5cm、長さは8cmぐらい。
もう少し待っても良かったかな…


プランター?
まあ、こんな程度よネ…
とかも言われたりするのかな。


イヤイヤ、待っておくれ。
プランターでは無いんです。
このミニニンジン達は、
牛乳パックで作っているのですよ。


ほーらね!



牛乳パックも、お洒落なコンテナに入れれば、生協も雪印も農協牛乳のパッケージも全く気になりません。



牛乳パックは、誰がどこで用意しても、ほぼサイズは一緒!それが良いのです。
みんな種まきからスタートしています。
ネ!素敵でしょ。
| 植物の育て方 | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
明日はセルトレイで作るカブ!


明日のやさいの時間はコレを使います。
夏前にレタスの苗作りしましたよね。
何枚か余ってない?
今日はここでカブを作るよ。

1つのセルに1個のカブをつくるの。
いつもお饅頭が乗ってるみたいで、
この方法が好きなんだ。


番組後半には芽キャベツの手入れもあるから見逃さないでね〜

ほら、
1ヶ月でこんなに大きくなりましたよ。
| 植物の育て方 | 20:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
長雨にウンザリ
先週1週間の日照時間は
トータルで約5分。

信じられないよね
雨ばかりで、植物もヘロヘロ



2週間前に種まきしたスイスチャード
気温が高かったので、
直ぐに芽が出たものの雨に叩きつけられ、地面に倒れておりました。
これは昨日の朝の写真だ

今日も良い天気とは言えないが、
午前中にほんの少しだけ、
日が射したね。
昨日の時点で、今日晴れるらしいとの事だったので、倒れた茎を1本1本立たせて土寄せをしておいた。


ほほう
どうだ!バッチリだよ。


今日はみんなピシャリと立ちましたね。

実際には何もしなくても、晴れさえすれば、茎は起きたと思われる。
でも大きな葉に土や水滴が付いていて、濡れた体を起こすのは大変なんだよ。
つまり体力がいる。
毎日光合成をしていて、体力が有り余っていたなら、簡単なのかもしれないけど、今は難しそうだ。

ならば、ほんの少し手助けしてあげよう。昨日のうちに作業しておいたからこそ、今朝は朝一番からバッチリ光合成が出来て、体力も回復傾向にあるようだ。
みんなの所も雨と日照不足で、植えつけたばかりの幼苗や生育途中の植物達が、ヒョロヒョロになってない?

株元に土寄せして、植物体をしっかり支えるようにしよう。また、鉢植えの土が長雨によって目減りしていたら、増し土と言って、足すことも必要だ。
さらに株元に近い葉は、泥の跳ね返りで病気になりやすいので、葉が黄変していたり、キズで傷んでいたら、早めに取り除いておこう。
| 植物の育て方 | 14:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
明日は芽キャベツ!



明日のやさいの時間はプランターチームだよ。

今回紹介するのは、大好きな芽キャベツ!

 

少しずつ秋らしい装いになってきましたね。

 

ふふ...でも、バックのサルスベリが夏っぽい?

まあ、気にしないで。

 

 

 

芽キャベツってその姿がユニークで大好きな野菜です。

昔から芽キャベツがドドドドド〜となってる姿が、

楽器のスレイベルに似ているから「鈴なり鈴なり...」とよく口にしていました。

それを聞いた編集者の方が、響きがいい...と、

初めての著書本に「すずなり野菜」と名前をつけてくださったのです。

そこから深町貴子の「ベランダですずなり野菜」としてシリーズ本になりました。

 

ちなみにスレイベルって何?と思った方は、

「楽器 スレイベル」で検索してみてね。

 

 

 

さて、やさいの時間の放送日が明日でも、

収録日は1ヶ月ほど前、テキストに至っては3ヶ月も前に撮影しています。

つまり、いつも適期ではないときに野菜を育てているわけです。

大変なんだよ〜

わざわざ難易度が高くなるような栽培をしているのです。


ちなみに...

テキスト撮影のために植付けた芽キャベツは、

3ヶ月経ってこんな感じ…


時期外れに育てているので、結球は出来ないと思っていましたが、

なんとか酷暑にも耐え、赤ちゃん芽キャベツが出来てきました!
す、凄いぞ!君たち!

芽キャベツは畑がなくても、プランターでも育てる事ができます。

ぜひ、挑戦してみてくださいな。

昨日、近所のホームセンターに行ったら、

ちゃんと芽キャベツが売っていましたよ。

 

つくってみよう!と、思った方は、

出来るだけ早く植え付けてください。

まだの人は、ともかく急いで!!

 

これから気温は低下していきます。

寒くなる前に出来るだけ株を成長させ、

多くの葉をつくり、茎が太くなるように育てることで

収穫量が増えるんです〜

 

ささ!売り切れる前に

園芸店に急げ〜

| 植物の育て方 | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
出版物掲載のお知らせ



ホームガーデン&エクステリアというガーデン冊子に出ています。

今月は臨時増刊号。
別冊付録として庭づくり応援ノートもついてきます。

出版社は建築資材研究社。


園芸冊子の取材が多いなかで、庭づくりの視点からの依頼もあるんです。

最近はお庭もデザインや景観だけではなく、育てる楽しみもあってこその庭づくり!が注目されるようになってきました。

少し前までは、形の変わらないもの…景観を維持できる庭が喜ばれました。
でも今は植物の変化や、自分達の関わりの変化を楽しむ庭も、注目されるようになってきているのです。
庭は私達の暮らしの中にあります。庭を通して、生活をもっと素敵にデザインしてほしいですね。

そんな訳で、やや意表を突かれたコーナーな気もしますが、身近に楽しむ野菜づくりとして、私が紹介されています。とても素敵な冊子の中にあって、土臭い私としては光栄です。

野菜づくりのポイントなどもまとめています。ぜひ、本屋さんで探してくださいな。ただいま雑誌コーナーに平積みされてるかな。
| 植物の育て方 | 15:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
早く摘果したい!
ま、マズイよ!早くせねば!

ミニメロンの鉢の前で、
毎日の様にブツブツと独り言…



ホラッ、こんなに立派なミニメロンがなっています。もう、黄色くなっているので、熟成が進んでいるのですね。

取りごろは、果実が落ちてくる完熟を狙うか、果実のすぐ上の蔓が枯れるのを待つか、ヘタ近くに亀裂が入るのを待つか…人によって思う目安は違うようです。私なら、落ちて来るのを待ちたいけど、これがなかなかリスクが高い。落ちて割れたら大変だものね。


ああ、それで毎日悩んでるの?

いや、違うのだ。



実は、たくさん果実がなり過ぎていて困っています。



収穫間近な果実の他に、大きくなり始めたものが3個、その他にも小さなものが3個ついています。

プランターで、ミニメロンを同時に収穫するなら2個までと決めています。過去にたくさんの果実をならせ、摘果せずに育てて、何度も枯らした事があるのです。

だから、早ところ、果実を選んで負担を軽くしたいのです。
でもね〜、コレは「○○○の時間」用の鉢植え。摘果シーンを撮りたい…と言われれば、そのまま残さなくてはなりません。

アーどうしよう。どうしよう。
今日は大雨…
果実の肥大が進んでしまう。
そして雨の日の作業は、病気になりやすいので危険…
とりあえず、雨がかかりにくい軒下に避難させよう。

あ?ん?


ガアー??
か、株元から病気か?
やだ〜どうしようどうしよう…
殺菌剤あったかなあ…

撮影は今週…
お願い!どうにかガンバッテー!
来月放送でメロンが出てこなかったら、頑張れなかったのか…と、どうか見過ごしてくださいませ。

ああ、胃が痛い…
何故か楽しく野菜が作れていない事が
たまにある…



| 植物の育て方 | 10:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
明日の枝豆栽培を見逃すな!


明日のやさいの時間は、郡山で公開収録されたもの。いつもより出演者も多い、超豪華メンバーで行なわれました。

内容は枝豆!
今までの常識からかけ離れた方法を紹介します。

とは言っても、「あさイチ」や「Horti」の映像を見た事がある人は、すでに知っている方法ですね。



ただね、これはプランターならではの方法なんです。

え、なんで?
畑でやってはダメなの?

そんな事はないけれど、広い畑では面倒ですよね。それに草丈が低くなるので、鞘の着果位置も低くなり、土の跳ね返り等が心配…

栽培方法を考えるとき、必ずしも収量の事だけを考えている訳ではありません。


プランターの悩みは、草丈が高くなってしまう事。密植して根の張りが少ないなかで、水やりの回数が多くなり、どうしても間延びしてもしまいます。


ベロベロ伸びると場所をとるし、風にも弱い…何とか低く出来ないかなあ〜と思ってやった事なんです。



こんな栽培方法は習わなかったな…
そりゃあ、一般的ではないものね。

でも放送見たら、誰もがやってみたい!と思うんじゃないかなぁ〜

枝豆の種まきは、まだ間に合います。タネが余っていたら、ぜひ挑戦してみてね。



| 植物の育て方 | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/10PAGES | >>