CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
A&D 防水ペン型温度計 AD-5625
A&D 防水ペン型温度計 AD-5625 (JUGEMレビュー »)

中心温度測定器。お料理とか実験で使えます。園芸で言えば、植物の地温計や育苗時の温度測定に使えます。最高、最低温度が記憶できて、とても便利
RECOMMEND
読み通りのガーデン


ただいま、メットライフドームにて、国際バラとガーデニングショウが行なわれています。バラ、バラ、バラ…美しさ、華やかさ、優雅さ…香りも色も、なんてったって綺麗なのだ。


そんななかにあって、ドームの中央に位置するのが、今回のテーマガーデン「ガーデンをはじめよう」のコーナーです。


実は私もお庭を造りました。
バラショウなのに、バラが1本もない庭で、とても普通な庭です。
テーマは食べられる庭エディブルガーデン。どこを摘んでも食べられる庭です。


誰もができる庭です。どうぞ真似して下さい。

アイデアをたくさん盗んで下さい。
どんな思いでデザインしたかはこちら

ウォールガーデンは先日の趣味の園芸でも使った造作です。


やさいの時間ではおなじみのセルトレイでつくるカブ畑



ハンギングや窓辺で育てられるドワーフトマト。もちろんプリティーベル。



あ、窓辺はキッチンルームのイメージなの。
スプラウトが鍋や引き出しからでてくるのよ。


キッチンから出てすぐの場所は、イタリア野菜がいっぱい。

サラダはいつだって摘みたてよ。

一つかみで一人前のサラダなるでしょ。

 


イタリア野菜のコーナーを抜けると香りの小道があります。


香りの小道はたくさんの虫を呼びます。
香りの良いラベンダーは蜂を呼びます。

朝からマルハナバチが遊びにきていました。

イチゴの受粉を助けてくれるわよ。


見上げればサヤエンドウがガゼボに絡んでいます。

エンドウはマメ科。

スイトピーのように可愛らしい花です。




野菜は園芸支柱が無いと…つるものネットが無いと…と思わなくても良いのです。

麻ひもを縦に渡したところにツルを絡ませたり、

オベリスクやアイアンフェンスに野菜を誘引したって、ちっともおかしくないのよ。

 



ガーデン小物は楽しくて可愛らしいものがたくさんあります。

野菜づくりにもぜひ、活用してください。

あ、そうそう…
香りの小道には黄色い花が多いです。

これはアブラムシなども大好きな色。

だからこそ、益虫も集まります。

水やりしていたら、さっそくハンターの登場です。

え?ハエ?
違いますよ。ムシヒキアブです。

ムシヒキアブはすごいハンターなんですよ。

コガネムシだろうが、ゴキブリだろうが、なんでも捕まえます。

カマキリやクモと違い、アゴでムシャムシャ食べるのではなく、体液を吸うのです。
ヒェ〜ですね。
顔は仮面ライダーっぽいです。

そうそう!
ココも見て欲しいです。

袋栽培で作ったジャガイモ。
せっかくなので、中身を見せています。

花が咲く頃に増し土を…と言うのは、

ちょうど芋が肥り始めるから…という理由がよくわかると思います。

庭の解説はウォールガーデンに貼ってあります。

キッチンルームには虫達の写真も展示しておきました。




私がガーデンにいない時には、代わりにこの子が居ます。



ぜひ、話しかけて下さい。


こんな庭があったら、食べるだけではもったいないですね。

剪定をしてたら、枝がたくさん集まったので、

リースを作ってしまいました。



菜園だって、畑だけじゃないところをお見せしたかったし、プランターでもちゃんとできるところを知って欲しいです。


バラとガーデニングショウは17日まで行なわれています。

ぜひ、遊びにいらしてね。

そして、キッチンの小窓から見える景色を楽しんでね。

14日は三上さんとトークショーもあります。

みんなきてきてー

| 植物っておもしろい | 09:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
みるみる大きくなる〜

気温も高くなり、晴天が続くと
野菜の成長は著しく早くなります。
みてみてよー

やさいの時間の子達だよ。

次にしようか、次の次にしようか??
いつ撮影するのが良いのか迷います。
ミニトマトの種まきをしたのは、4月初め…早くない?差し替えしてないからね。


どうしてこんなに早いかは、極早生品種を選んでいるからもあります。
赤はタキイ種苗のミニトマト「ぺぺ」花数が多く、高糖度です。
黄色はカネコ種苗 の「イエローミミ」甘く、明るいイエローカラーが特徴です。
撮影の内容がコロコロ植物に合わせて変わります。今まではそんな事なかったのですけどね。
植物の成長に合わせて番組を作る大変さはありますが、先が見えない面白さがあり、私には楽しくて仕方ありません。

ほら、ミニカラーピーマンだよ。

わざとわき芽をそのままにして、成長を抑制…撮影日に合わせるためです。
品種はトキタ種苗の「ぷちピー」
番組の中では、オレンジ色を育てていますが、他にも赤や黄色があります。今年は新色でオリーブやチェリーブラウンも仲間入り。小ちゃいので1株から100個ぐらい取れますよ。
番組の中でも上手く育つといいなあ。
頑張れー野菜達ーー!

| 植物っておもしろい | 13:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
満里奈の毎日プランター!第2話


NHK趣味の園芸やさいの時間
毎週日曜日朝8時からのEテレで。

私も出演しております「満里奈の毎日プランター!」は毎月第2、第4日曜日に放送されております。
4月第4週は2話目の放送。

お話はずっと続いていきます。前回はミニトマトの種まきしたのでしたよね。

あれから2週間でどうなったでしょう?
何が起こっても放送する!と、決めて始めた新しいドラマ仕立てのやさいの時間…早くもトラブル発生か?

ぜひ、お見逃しなく!

| 植物っておもしろい | 14:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
乗り越えた子達

2月12日に紅茶を飲みながら、
優雅に家の中で種まきした子達。
スイカ、メロン、カボチャ、ズッキーニ


毎日毎日、夜は家の中へ、
日中は屋外で光合成…
最低気温と最高気温を確認しながら、
大切に苗を作ってきました。



みんなとても良い子に育ち、
カボチャ、ズッキーニは寒さに強いので、
一足先に定植し、ずっとゴミ袋を被せてました。

もう出して〜と、声がしたので、
ようやく袋を外すと、
花が咲き始めました。
早いでしょ!

ズッキーニは寒暖差で雌花の数が決まる!と思っています。
まだ流石に雄花ばかりかな…と



ん?あるなあ

ホホホ!さすが私!
この時期にしては立派ですね。

昨日、撮影用にと
種苗会社から苗が届きましたが、
うちのと全然違う?

我が家の子達は
寒さと高温を繰り返し、
劣悪な環境を生き抜いた子達だからね。


とても2月に種まきした子と思えない?
差し替えしてませんよ。
素晴らしく大きくて、美しいね。
| 植物っておもしろい | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
春は横浜が楽しそうだ


来週には桜が満開になるらしい

桜が咲くと、何だか急かされるような気持ちになるのは私だけ?

植物達も騒ついているのが、よくわかります。

それは、暖かくなって昆虫達も飛ぶようになるからです。
春はなんだかソワソワします。

今年こそアレもコレもやりたい!
なんて園芸に意気込みを感じている人もいるのかな。

それなら、先ずはガーデンショウを覗いてみてはいかがですか?


毎年行われている日本フラワー&ガーデンショウ
今年は家族みんなで遊べて学べる園芸がいっぱいです。

ほほほ。
私も3日間、話をしています。
場所はSEGAゲームスさんのブースだよ。

ゲーム会社で何話すの?
そうだなあ…

一鉢から始まるドラマチックな世界について話をするよ。
 

3日間、午前、午後と6講演あります。

遊びにきたら、ぜひ声をかけてね。

 

セガゲームスは「シュミカツ!」というウェブサービスをやっているんだ。

趣味活動を応援するサイトなんだって。

面白そうだね。

先日取材も受けたのでその記事も紹介するよ

 「深町貴子さんに聞く日本フラワー&ガーデンショウの歩き方と園芸の魅力」

 

会期中はちょうど、横浜緑化フェアとも重なっています。

お天気が良ければ、横浜散歩もさらに楽しくなりそう

この週末は、ぜひ横浜へ

 

 

 

 

| 植物っておもしろい | 18:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
全て使います!楽しみます!


今年は雨が多くて、サツマイモはツルボケ気味。まあ、それでもそこそこ良いのが取れたかな…

培養土袋でもちゃんと芋掘りできたよ!

ベランダ菜園なんて、家族が美味しく食べられて、楽しむ事ができれば満足満足。




ツル苗も芋をプランターに刺した状態から取りました。畑に植え付けもできたし、親芋からもまた芋が収穫出来たし、もう、芋蔓は要なし…?

いやいや、まだまだ!

芋蔓は柔らかい時に綺麗に巻いておき、平らな所に置いて乾燥させると、リースベースになるんです。

間違っても生乾きの時に、壁に掛けて乾燥させてはいけないよ。リースが楕円になってしまうのだ。



あとはアレコレお飾りをつければ出来上がり。近所にお散歩に出かけ、松ぼっくりやドングリなど、楽しい素材を集めておこう。
我が家にモミの木は無いので、ローズマリーの枝をいれました。
リースは丸と常緑の葉が揃えば、「永遠」と言う意味になるんだよ。継ぎ目の無い事が、幸せが永遠に続くと言う事だ。だから、落葉樹の葉で作ってはダメだからね。



芋も蔓も、全て使って何も残らず…
サツマイモは楽しいこと満載です。

あ、ちなみに今年のサツマイモは炊飯器で炊いてみた!綺麗に洗って、芋とひたひたの水を入れて、普通にスイッチポン。



ペットリした、甘くて美味しいー蒸かし芋になりました。スタイスして、干し芋を作っているのですが、干している間に、ドンドン減っていく…だって待てないんだもの。
| 植物っておもしろい | 10:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
セルトレイで小さな畑を…


昨日のNHK趣味の園芸「やさいの時間」はいかがでしたか?

どうしてまた、セルトレイばかり使うのか?と、思っていますか?
答えは簡単です。
通常の園芸店で買うと
10枚入りで、余っているから…

それと、私の場合…
いつも必要に迫られて種まきしている為(撮影の為、適期ではない時にいろいろ育てている)、夜中に種まきや手入れ、温度調節のため、あちこち移動するのに楽なんです。

だから、いろんな大きさのセルトレイを持ってます。仮に3号苗の撮影があっても、セルから移せばいいからね。

こんな5センチ角で何ができる?って思うでしょう。それがいろいろ出来るのさ!



ほら、収穫だよ。


かわいいでしょ〜〜



この赤カブは外皮が手でペロンと剥ける…


ひゃーおもしろ〜〜い!

収穫して直ぐにかじる!
甘〜い??

写真の品種は
ナント種苗の「もものすけ」
小カブから中カブまで育てられ、
肉質が柔らかで甘い!
サラダに向いています。

もともとナント種苗さんで、この外皮を剥がす方法を広告しています。赤カブなのに、なぜわざわざ外皮を剥がすのかなあ…と疑問に思っていましたが、やってみると面白くてたまらーん!
このタネはとても人気なんだそうです。
なるほど、わかる気がする。
| 植物っておもしろい | 16:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
頑張れ
うーーーん




風に煽られて、葉がパタパタしています

その姿をじっと見ていると

声が聞こえてきちゃうのです。

うー〜〜ん、あとも少し.....

何でそんな声?




あ、引っかかった!



パッションフルーツの蔓が
捕まるところを必死で探しているのです。

運良く蔓の先端が引っかかったみたいです。そのまま踏ん張れ!

こうしてしばらく観察していると、自然と力が入ってしまいます。

蔓が引っかかると、思わず「ヤッタネ」とニンマリ。

相変わらず、変な人?
| 植物っておもしろい | 13:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
シソ栽培の新常識?非常識?

シソ

やっぱり夏になるとシソが欲しいなあ〜

冷や奴やお寿司にうどんに...

薬味として重宝する野菜です。

そう思って、園芸店で苗を買ってきた人もいたでしょう。

 

でも、育ててみるとやたらと虫がついて、挫折した人も多いはず。

本当によく食べられちゃうんです。

 

ちょっと幼虫が透けてて、気持ちが悪いメイガや

茶色くて大きなヨトウムシ、

アブラムシにバッタ、ハダニ...

あ〜やだやだ。

 

気がつけば穴だらけ...

食べるのも躊躇しますよね。

 

ところが、写真のシソは一切虫がついていません。

あ、嘘だな...

茎にカイガラムシがいたっけ...。

すぐに捕殺したけどね。

 

幼虫関係がつかないだけで、穴だらけにはならないのです。

ではどうやったら、蝶や蛾が来ないようにできるか?

 

それは、植物も同じ事を考えているのです。

どうしたら、葉っぱが食べられないか?とね。

で、植物が考えたのがアリを引き寄せること。

写真はパッションフルーツです。

パッションフルーツには蜜腺が至るところにあり、いつもアリがウロウロしています。

アリを招待しているのです。

アリは蝶や蛾が産み付けた卵や幼虫も、すべて巣に持ち帰り、取り除いてしまいます。

つまりパッションフルーツのそばに置くと、

アリの恩恵を受けられるのです。

 

それともう一つ。

我が家のベランダ畑は雑草だらけ...

いや、違う...

ハーブと野草と野菜が混植されているのです。

どこのプランターもヒシバやカヤツリグサ、イヌビエ、カモガヤ....

なんでも生えています。

 

アブラムシは植物の科目ごとに吸汁する種類が異なります。

つまりヒシバ類やカモガヤなど夏に多いイネ科には、

イネ科を好むアブラムシが集まりますが、シソ科にはつきません。

近くに異なる種のアブラムシが住んでいると、

居心地が悪いらしく、シソにはつかないのです。

 

そういえば...

道ばたに雑草のようにたくましく生えているシソを見たことありませんか?

草むらの中に生えているシソの葉は、綺麗ではなかったでしょうか?

 

だから私は、シソをここに置くのです。

そう、植えてもいません。

野草の種類を見て、ここなら...と思うところに

ポットを置くだけです。

やがてはポットの底から根が伸びて、根付いてしまいますが、

草むらの中に生えているシソと同じ。

 

長く伸びたメヒシバの葉をかき分けると、

あったあった!シソ。

葉も柔らかくて美味しいです。

農薬も使わず、虫もつかない...

 

農業としてはやや非常識な行為です(草むしりもしないで...)が、

ベランダだって植生の意味を考えながら、

コンパニオンプランツを考えると、

とっても楽しいのです。

 

まあ、植物で栽培のレシピを考えるようなもの。

カマキリ

 

ここで大事なことは、植物の特性だけではなく、

昆虫の生態を学ぶことにあります。

学ぶって言ったって、図鑑を読むことではありません。

植物を育てながら、周囲の世界をよく観察することです。

植物の周りには多くの生物が暮らしています。

彼らは、好んでその植物を選んでいます。

それには必ず理由があるのです。

その理由が分かると、防除の仕方が見えてくるかもしれません。

 

 

 

私は、時々非常識なことをやって、周囲の反感をかうことがあります。

けれど、この方法を推奨するわけでもなく、

あくまで、我が家のベランダで起こっている事実を紹介しているだけ。

同じようにやってみたけれど、上手くいかないことも十分に考えられます。

だって、植物環境は10cm移動しただけでガラリと変わってしまうほどですから。

 

栽培方法に決まりはありません。

どんな育て方をしても良いのです。

目的をもって、愛情さえ失わなければ、

きっとあなたの考えは植物に伝わる...と思うのです。

生き物を育てるとは、そういうこと。

 

 

明日も楽しんでいこう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:趣味

| 植物っておもしろい | 00:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
まだかなぁ…まだまだ


全国一斉にほぼスタートしている?
プリティーベルの水耕栽培。

岡山にある、みのる産業と言う農機具や餅つき機で有名な会社から、通販で一斉に発送されていました。

面白いですねぇ。
ヨーイドン!で始まりましたが、北から南まで気候の違いの他に、室内から屋外まで、育て方はいろいろ…

我が家は午後1時から一時間だけ直射日光が当たり、それ以外は明るい日陰というベランダで育てています。

2リットルのペットボトルの水は、1週間以上保ちます。それだけ蒸散しなくても涼しいんでしょうね。言わば汗かかない…って事ね。


みんなと同じくらいの実がなっていますが、赤くなるのはまだまだ先のようです。ピカピカの緑色。

トマトに色が付くのは、積算温度なので、気温も低いって事なのね。
日当たりに出せば、暑さで一気に赤くするのは容易な事ですが、出荷する訳でもなく、まあ、のんびり待ちましょ
| 植物っておもしろい | 16:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/16PAGES | >>