CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
A&D 防水ペン型温度計 AD-5625
A&D 防水ペン型温度計 AD-5625 (JUGEMレビュー »)

中心温度測定器。お料理とか実験で使えます。園芸で言えば、植物の地温計や育苗時の温度測定に使えます。最高、最低温度が記憶できて、とても便利
RECOMMEND
<< ミニカボチャのその後 | main | 小さくたって、玉ねぎ! >>
枝豆の裏ワザ


金曜日、NHK「あさイチ」を観て下さった方、ありがとうございました。
超〜難度の裏ワザを紹介しましたが、楽しんでいただけたでしょうか?やるのは簡単ですが、その理由までも語る事ができないのが、生放送の難しいところ。

そして、こんな面倒くさい事をやらなくたって、ちゃんと枝豆は育つのだから、大丈夫。
成功率の低いものに、わざわざ挑戦しなくても…と思っていいのです。

でもね…

そうだなぁ〜
このブログを読んで下さった方にだけ、お教えしましょ。
実は、そんなに私の成功率は低くないです。緑化は、得意なのだ。でも、何度もやってるからできるのさ。だから誰でも成功するよ…なんて言えなかった。




あさイチで紹介したのは、3つ。
緑化、摘芯、断根です。
そもそも、なんでそんな事するの?といえば、ベランダ菜園ならではの悩みがあるからなのだ。

ベランダ菜園は、どうしても日照が少ない…タネを蒔いても、光が弱いので、どうしても間延びしちゃうのだ。
例えば、こんな風に…


苗を作ってもひ弱な状態…しかも茎が細いのに、草丈だけは高くなる。狭い鉢、狭いベランダで、ダラダラとした枝豆は可愛くない!
できるだけ、コンパクトにカッコよく、少しでも美しく、少しでも多く収穫したい!

そんな訳で、ベランダ菜園の切実な願いから行ったもの。ベランダのような過酷な環境でも、強く育ってほしいから…。

まず、緑化をすると、発芽も早く確実になる。なぜなら光を感知すると、植物は地上に出たのと勘違いし、生長を抑制するホルモンが作られ、茎は強く硬くなる。また子葉は急いで光合成するために開こうとし、早くに初生葉を出そうとするの。

…と、言うことは、発芽に必要なエネルギーも、子葉の養分をたくさん使わなくてすみ、余力が残る訳だ。

なんでそんな事わかるのさ?
んー、ずっとお話してると、豆が言うのさ。

初生葉が開きそうになったら、摘芯します。こうすることで、子葉の上にわき芽が2本伸び、これで主枝が2本になります。

さらに同時に断根する事で、余力の残る子葉の力で、いっきに発根させるから、萎れることはありません。



上の写真:左はそのまま間引きしただけのもの。
右は左のポットから間引された株を摘芯し、断根したもの。
同時にタネをまいても、摘芯断根処理しているほうが、育ちが遅れるのは当然です。
でも、よく見てほしい。
左は子葉の上に初生葉がありますが、右の苗は子葉の上がいきなり本葉です。

花芽ができるのは、本葉から上なので、右のポットは早くに花芽がつく訳だ。草丈が低いままコンパクトに仕上がり、しかも主枝は2本!つまり収穫は倍以上になるという計算だ。

おおおお〜でしょ。





| 植物の育て方 | 18:05 | comments(3) | trackbacks(0) |
コメント
はじめまして!
マツコさん、アサイチ…拝見しました。そして、早速サッポロミドリを播きました。
そして、あさイチで水やりの話されてたと思うのですが、記憶が曖昧で…またご教示いただければと思います。
| momo | 2015/05/29 4:23 PM |
momoさんへ
花芽がつくまでは、土が乾いたら水やりする程度で、乾かし気味にします。そうすると、水を求めてよく根が伸びるのです。花芽がついたら、今度は実を太らせるために水が必要なので、毎日忘れずにあげましょう!とお話ししました。
| 貴子 | 2015/06/08 2:36 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2015/06/08 9:09 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://green-life.jugem.jp/trackback/703
トラックバック