CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 講演お知らせ | main | 1回では終わらないキノコ栽培 >>
おうちでキノコ栽培



1月15日は小正月と呼ばれています。
元旦には門松を飾るけど、小正月には餅花を飾るのだそう。
夫はお蚕が有名な群馬出身なので、餅花ではなく、繭玉飾りって言うらしい。地方によって行事内容も違うみたい。

色をつけたお餅を小さく丸めて、柳などの木の枝につけ、五穀豊穣を祈願する意味があるそうです。
今年は我が家もやってみたよ。


雲竜柳につけたので、あまり枝垂れてくれなかったけれど、運気上昇って事で許してもらいましょ。

さて、明日はNHK趣味の園芸やさいの時間!「満里奈の毎日プランター」です。




今回はキノコ!
寒い冬は外に出ないで、じっくり室内でできる園芸を楽しみましょうよ。
栽培キットをただ育てるだけじゃ、面白くない!
もっと取れるように…
もっと可愛く、面白く…
もっと栽培しやすく…

そんな事を考えて、今回の方法を考えました。そもそもキノコって、どんなところに生えてる?そんな疑問から、キノコがのびのびと育つ環境を作ってみたよ。

土が盛り上がって…


キノコの頭が出てきて…


徐々に大きくなるまで…


毎日見守り…


なんだかとってもかわいい?



最初はシメジみたい


でもやがて頭が平くなり

いわゆるヒラタケになりました。


発生するまで3週間ほどかかりますが、地上に出てくると成長は早い

出てくるまで不安だけれど、ドキドキしながら見守るのもおもしいでしょ
園芸店やホームセンターで販売されている菌床栽培のキノコを使って、プランターに土植えします。

詳しくは明日のやさいの時間の放送と、NHK出版のテキストを読んでね。 ぜひ、育てて欲しいな。

この方法なら、湿度コントロールが上手にできます。カビも生えにくいし、収穫量も満足できると思います。

また、2回目の発生もあるので、土を休ませてトライしてね。
2回収穫したら菌床は捨てずに、崩して畑へすき込んで。有機肥料となります。最後まで利用しましょう。
| 植物の育て方 | 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://green-life.jugem.jp/trackback/808
トラックバック